レンタルサーバー比較ランキング
VPSとは

VPSというのは、バーチャル・プライベート・サーバーの略称です。
VPSは、レンタルサーバーのサービスの一つであり、共用サーバーでありながらも仮想的に構成された環境で、専用サーバーとほぼ同じスペックを提供するサービスのことです。VPSの特徴としては物理的に専用サーバーを提供するよりも月額費用や初期費用が低コストで、専用サーバーとほぼ同じ機能を使用できることや、専門知識が必要な専用レンタルサーバーとは違い、共用レンタルサーバーを使用したことがあれば、ある程度VPSレンタルサーバー管理ができる簡単さが挙げられます。また、仮想的ですが、共用レンタルサーバーとは違い独立したそのため、ホスティングサービスを行っている企業が次々とVPSサーバーを導入しています。

VPSサーバーは共用レンタルサーバーと専門サーバーの中間のサーバー

VPSは、自由度が高いとされている専用サーバーを、従来までの専用サーバーよりも遥かに低い価格にてユーザー(契約者)に提供することを可能にしています。バーチャル・プライVPSは、物理的なサーバーを一台占有する「専用サーバー」と比較した場合、多少処理能力は劣ってしまいますが、構成の自由度という意味では専用サーバーとほとんど代わりはありません。

共用レンタルサーバーでアクセス負荷によりWEBサイトが不安定になった方にVPSレンタルサーバーはおすすめです。その理由としては、VPSにはCPUやメモリなどを各サーバー環境に動的に振り分ける事ができるリソースを管理する機能があります。共用レンタルサーバーの場合他のユーザーの影響を受けることがありますが、VPSレンタルサーバーでは急にレンタルサーバーのレスポンスが落ちるなどのトラブルを回避できます。

VPSサーバーでセキュリティ面でも有効使用ができる

また、その他の特徴としてバーチャル・プライベート・サーバー(VPS)は簡単に同じ環境を持った複数の仮想サーバーを立ち上げることが可能です。そのため、既に設置済みのセキュリティホールを持ったソフトウェアを最初から起動しておくことが可能です。
更に、ログの監視等を実行する仮想サーバーとセキュリティを実証・テストをしてみるハニーポットが置かれている仮想サーバーを分けることによって、セキュリティを確保することが可能となっています。

共用レンタルサーバーではアクセス過多でWEBサイトが不安定になっている方、他の共用レンタルサーバーの使用者の影響でサーバーダウンを経験されている方、専用サーバーを借りているが、コストダウンをしたい方、サーバー管理ができないかたなどにVPSサーバーはおすすめです。

今月一番オトクで
おすすめレンタルサーバーはこちら

このページの先頭へ