お名前.comレンタルサーバー (共用サーバーSD)が
    高速化モジュールに対応した

    WEBサイトの表示速度を向上させたい

    これはWEBサイトの作成や運営を経験したことがある方なら誰もが、1度は改善したいと考える問題です。数年前と比較すると、WEBサイト上で画像や動画などを表現できる環境が整ったため、必然的にサイト制作に必要なデータの容量も大きくなりました。

    そのため見る人が心地よくサイトを閲覧するためには、WordpressなどのCMSを使用したクオリティの高いWEBサイト制作やSEO対策以外に、快適なサイト表示についての工夫も必要となります。

    ・mod_deflate
    ・mod_expires

    その時に、上のようなApache拡張モジュールを設定することにより、表示速度を上げることも可能です。これらはレンタルサーバーが対応している必要があります。

    mod_deflateとは?

    このモジュールはサイトのデータを圧縮することにより、転送量を削減し、ページに表示速度を早くします。モジュールを使用することで、通常であれば

    サーバ上のファイルを送信 → 通信 → ブラウザで表示

    という処理順序を

    サーバ上のファイル・圧縮 → ファイルを送信 →
    通信 → ブラウザ側で解凍 → ブラウザで表示

    という順序に変えることが出来ます。

    多くのファイルが必要なページを表示する場合、ファイルをそのままの状態で送信すると時間が掛かり過ぎることがあります。

    最近のサーバやPCは、数年前と比較してCPUの処理スピードが驚異的に向上しているため、サーバでファイルを圧縮する時間、ブラウザでファイルを解凍する時間を考慮したとしても、圧縮・解答の処理を踏まえた方が効率的に処理できるのです。

    以前には、このモジュールを使うことで表示スピードが遅くなることもありました。しかし、サーバ側の処理スピードが飛躍的に改善されている現在では、この点を心配する必要はありません。一般的に提供されているレンタルサーバーであれば、このモジュールを使用することにより、改善されることのほうが多いのです。

    mod_deflateを使用すると

    mod_expiresとは?

    このモジュールは、PCにキャッシュ(cache)を設定する事で、サイトの画面表示を高速化するモジュールです。同じファイルを何度も読み込む必要をなくす事で、表示をスピーディーにすることが出来ます。

    キャッシュとは、ユーザーがアクセスしたサイトデータをブラウザで一時的に保管して、次にアクセスした時に表示を早める仕組みです。

    データがキャッシュされる場所は3つ。「クライアント」「Proxyサーバ」「APサーバ」です。mod_expiresでよく設定されるのは、クライアントのPCにキャッシュを保存させることで、ユーザーが2回目以降サイトにアクセスした時に、表示スピードを向上させることが出来ます。

    illust02_02

    モジュールを使用するには?

    これらを使用するには、Apacheでモジュールの使用を有効にし、WordPressの.htaccessファイルを編集する必要があります。しかし、使用しているWEBサーバー自体がモジュールに対応していなければ、使用することが出来ません。

    最近では、2016年9月にお名前.com レンタルサーバーの「共用サーバー」がmod_deflateとmod_expires、双方のモジュールに対応しました。こちらは、月額が¥1,000前後から始めるプランがあり、初歩的なサイト運営を始め、モジュールを利用した設定まで幅広く対応できるため、一歩進んだ質の高いサイト運用を目指す人にはおすすめです。

    お名前.com共用レンタルサーバー

このページの先頭へ