レンタルサーバー比較ランキング
共用サーバーとVPSの違い

簡単に共用レンタルサーバーとVPSレンタルサーバーを分けると、共用レンタルサーバーは、初心者向きで簡単な操作でサイトの設定ができたり、月額費用が低くコストダウンなのがです。
VPSレンタルサーバーは、共用レンタルサーバーと比べ、サーバーの利用の自由度が高く、容量が多いため、サイトの本格的な運用やビジネス向けのレンタルサーバーです。

共用レンタルサーバーは、1台の大きなサーバーを複数のユーザーで区分けし、共用してサーバーを使用しています。そのため、ハードウェアやシステム設定などの自由度は減りますが、専門知識が無くてもサーバー運用が可能なレンタルサーバーです。複数人と共有しているため、サーバーの費用を抑えることができ低価格でレンタルサーバーを使用することができます。

共用レンタルサーバーはこんな方におすすめです。

・ホームページやメールを手軽に始めたい
・できるだけサーバー費用を抑えたい
・専門的な知識がないが、サーバーを利用したい

おすすめな共用サーバーはコチラ>>

VPS(仮想専用サーバー)は、共用レンタルサーバーと専用レンタルサーバーの間に位置づけられるサーバーです。共用レンタルサーバーですが、サーバー内に自分だけの専用領域を確保することができます。そのため、専用レンタルサーバーとほぼおなじスペックながら専用レンタルサーバーより月額費用をかなり抑えることができるレンタルサーバーです。
共用レンタルサーバーでサイトがアクセス負荷で不安定になったりする場合は、VPSレンタルサーバーはおすすめです。

VPS(仮想専用サーバーはこんな方たちにおすすめです。

・共用サーバーでは利用できない、更に充実した環境を構築したい
・高機能で高いパフォーマンスを求めている
・ビジネス用のレンタルサーバーを探している

おすすめなVPSサーバーはコチラ>>

今月一番オトクで
おすすめレンタルサーバーはこちら

このページの先頭へ