レンタルサーバー比較ランキング
レンタルサーバーでできること

レンタルサーバーは動画や音楽、ニュースなどのデータを配信するには必要なシステムです。ホームページからの集客、まとめサイトの運用などに使っている方は多いと思います。ここではレンタルサーバーがどんなことに使えるのかをわかりやすく説明していきたいと思います。

目次

ホームページの運用

今やホームページは誰にでも作れて気軽に運用できる時代です。HTMLを勉強してやっとの思いで作り上げた自分のホームページでも、自分のパソコンに入れておくだけでは誰も見てくれません。いつでも誰にでも見れるようにレンタルサーバーに置いておく必要があるのです。

一度アップロードしてしまえば後はレンタルサーバー側で動いてくれるので、更新したくなったらパソコンで編集したデータをレンタルサーバーに送り上書きすれば完了です。また自宅のパソコンをサーバーとして動かしている方もいらっしゃいますが、常にインターネットに接続していなくてはいけないのと、セキュリティの問題があります。電気代もかかってしまいますし、レンタルサーバー代の方が安いぐらいです。

ブログの作成(WordPress)

ブログは無料のブログサービスを利用している方も多いと思います。そういったサービスの良いところはテンプレートがあり、それに沿って書いていけば誰にでも簡単にできるところです。今はそういったサービスと同じように書け、自由度も高いツールが生まれました。

それがWordPressというソフトウェアです。WordPressはCMSといわれるシステムに分類され、Web上でコンテンツをテンプレートを用いて自由にレイアウトし、オリジナルのWebサイトを簡単に作ることができます。

プラグインも豊富にあり、フォームを作ったりログインシステムを作ることもできます。使い始めて直ぐは、モノクロにレイアウトされたスタートページに取っつきにくさを覚えた方もいると思いますが、ブログを書いたことがあるなら、編集画面はここがこの設定なんだなと直ぐに理解できると思います。HTMLやCSS、PHPの知識をお持ちであれば、テンプレートデータの編集なども行えてカスタマイズも思いのままになるでしょう。

何よりWordPressの利点は、インターネットに接続できる端末であれば、いつでもどこでも編集管理ができる点です。Webサイト制作ソフトがサーバーに入ってる感覚ですね。サーバーのデータ自体を書き換えるので編集して完了を押せばそれでお終いです。アップロードの手間がないのと、直ぐに結果が確認できるので更新と管理が断然楽になります。

WordPressはレンタルサーバーに自分でアップロードしてインストールもできるのですが、レンタルサーバーによってはWordPressのインストールサービスと行っているところもあるので、調べてみてなんかややこしいなと思った方は利用してみてください。

プログラミング

WebサイトはHTMLを骨組みとし、CSS、PHP、JavaScriptを基本に様々なプログラム言語で書かれています。プログラミングに興味があるが何から勉強して良いか分からないという話をよく聞きます。そういう方は、まずWebサイトを作るところから始めるのが良いのではないでしょうか。

上にも書きましたが、WordPressは導入が簡単でソフトはレンタルサーバーに入っているので気軽に編集できます。そしてプログラミングの練習で欠かせないのは、実行結果が直ぐに確認できる環境です。ローカル環境でプログラムを書きサーバーにアップロードして実行してみたら、エラーが出て動かなかったり、思った通りに実行されないことは多いです。初めから誰もが利用するサーバー環境でテストを行えた方が、開発も早く楽しくプログラミングができると思います。

まずはHTMLから入り、CSSの便利さを覚えて、PHPとJavaScriptで動的なWebサイトの制作ができる頃にはアイディアもたくさん浮かぶようになっていると思います。そこから他の言語に入っても遅くはないと思います。

バックアップ

レンタルサーバーは単純に言ってしまえば、インターネットに接続できればどこでもデータをダウンロードできる倉庫だとも言えます。ローカル環境に保存してあるデータはいつ破損して消失するか分かりません。そのためサーバーにデータをバックアップをして、大事なデータを守るサービスを提供しているレンタルサーバーもあります。

ただあくまでもバックアップなので、ローカル環境のデータは消さないことをおすすめします。
他にもレンタルサーバーに入れたデータを限定的に接続可能にすることで、データの共有スペースとして利用でき、サイズの大きいデータの共有には便利です。イメージとしてはDropboxやOneDriveを共有している感じになります。

おまけ:アフィリエイト、広告収入

アフィリエイトとはブログなどで目にするページのサイドに多く表示される広告のことです。広告主が提供している広告バナーを貼り、訪問者が広告をクリックしたり商品を購入すると報酬が得られる仕組みになっています。

クリックによって報酬が得られるものをクリック報酬型、クリック後に商品の購入がされ報酬が得られるものを成果報酬型と呼びます。基本的には成果報酬型の方が報酬が高く設定されています。ですがクリックはしても購入しないことも多いので、クリック数に対しての購入数の割合を考えて選ぶ必要があります。

これは最初に紹介したホームページとブログのどちらにでも導入できますが、主にブログで利用する方が多いと思います。企業や個人事業主の方のホームページは集客メインで利用しており、更新頻度はブログに比べて少なく、事業紹介などの固定された情報がメインとなります。

また個人でも特定の情報サイトの運営をする場合、サイトの内容にマッチする業者と個人的に契約を交わし広告を掲載することもあります。この場合は月何万などの固定報酬もあるので、興味があり根気もあるのでしたら選択しに入れてみてはいかがでしょうか。

まとめ

これらサービスは誰でも手軽に始められ費用対効果も高いので、ローカル環境で続けるのに限界を感じたら、迷わずレンタルサーバーを利用することをおすすめします。費用も数百円から選べるプランがあるので、お試しで始めてみるのも良いのではないでしょうか。

このページの先頭へ