レンタルサーバー比較ランキング
レンタルサーバーとは

レンタルサーバーとは、インターネット上に情報を発信するためにどこかから借りる(レンタルする)サーバーのことで、お名前comレンタルサーバーやエックスサーバーを含め様々な会社がレンタルサーバーサービスを提供しています。

また、ホスティングサーバー・ホスティングサービスとも言われます。 レンタルサーバーでは、インターネット上に自分でホームページを公開したり、メールのやり取りができたり、データを保管する場所として利用することが、一般的に知られていますが、利用者の意図に合わせて色々な用途に使用することができます。

レンタルサーバーを使用しない場合

レンタルサーバーの他に、自社でサーバー本体を購入して電源や回線等の設備を整え、運用する「自社サーバー」や、サーバー本体を購入したあとそれらの設備が整った施設に預ける「ハウジング」などのサーバー利用法があります。

しかし、この場合サーバーに障害が起こらないよう、24時間・365日ずっと監視をする必要があったり、物理的な障害が起きた際に専門のスタッフを施設へ派遣する必要があるなど、かなり、人・時間・お金に余裕のある企業等でないと、運用していくのに負担がかかってしまいます。

一方、レンタルサーバーの場合は、レンタルサーバー会社内で複数の専門スタッフを置いて運用・管理・セキュリティ対策を行ってくれることが一般的となっており、サーバー本体、ネットワーク回線、電源設備なども含んだ形で提供されます。

これらの特長から、自社サーバーやハウジングで発生する長時間停止や人件費のロスを最小限に抑えることができるのが、最大のメリットといえます。

レンタルサーバーの種類

レンタルサーバーには、種類が複数ありレンタルサーバーを利用する意図によって使い分けることができます。 レンタルサーバーの種類

共用レンタルサーバー

一般的なレンタルサーバーは共用レンタルサーバーに振り分けされます。 共用レンタルサーバーとは、1つのレンタルサーバーを細かく区分しそれを個人・企業単位で貸出をしているレンタルサーバーです。

月額費用が他のレンタルサーバーと比較すると低額で運用することができるため、初心者の方や個人運営サイト等には共用レンタルサーバーがおすすめです。

専用レンタルサーバー

専用レンタルサーバーは、1台のレンタルサーバーを1企業・個人で契約するタイプです。 共用レンタルサーバーと比べると費用はかかりますが、大規模なサイト作成やサーバーに負担がかかるプログラムや仕組み担っている場合共用レンタルサーバーだとサーバーダウンをしてしまうので、専用レンタルサーバーの方がおすすめの場合があります。

バーやハウジングで発生しがちな長時間停止や人件費のロスを最小限に抑えることができるのが、最大のメリットといえます。

今月一番オトクで
おすすめレンタルサーバーはこちら

このページの先頭へ