レンタルサーバー徹底比較
共用サーバーランキング

レンタルサーバー(ホスティング)共用レンタルサーバーランキングでは、各レンタルサーバー会社の共用レンタルサーバーのサービス比較(料金、プラン、初期費用…)と、企業規模や実績、利用コスト、ユーザー数等を評価を比較したランキングとなっています。初期費用、月額費用ともすべて税抜き価格です。

レンタルサーバー徹底比較
共用サーバーランキング TOP10

  • お名前.com|簡単で高機能なサーバー

    お名前.comレンタルサーバー

    国内で最大級の運用実績を誇っているレンタルサーバーです。ホームページの公開や、アクセス解析、さらにセキュリティーの設定を利用者で行えるようになっています。24時間365日、有人でサーバーの監視をすることで品質を高く保っています。マルチドメインやDNSレコード編集、各種WEBアプリ、言語にもしっかり対応をしているので技術者も納得のできるサービス内容です。他社と比較しても総合的に使いやすいサーバーといえます。

    注目初期費用無料/月額最大2ヶ月分無料のキャンペーン

    初期費用 月額費用 HDD容量
    無料 900円 最大400GB
  • エックスサーバー|高速・高機能・高安定性

    Xserver

    「高速・高機能・安定性」が魅力的なレンタルサーバーです。コストパフォーマンスにもすぐれておりので、他社サーバーと比較をしてもバランスが取れています。できるだけ安価でスペックにもこだわりたい、という肩におすすめのサーバーです。

    期間限定お試し無料キャンペーン

    初期費用 月額費用 HDD容量
    3000円 1000円~4800円 200GB~400GB
  • さくらインターネット|コスパで選ぶなら

    さくらインターネット

    プランを幅広く選べることが特徴的です。バックアップ機能にも信頼がおけます。サイトを作るのに悩んだらさくらインターネットといえるでしょう。メールの問い合わせでも迅速にサポートをしてくれるので頼もしいサーバーです。ウイルスのチェック機能もデフォルトでついており、他社と比較した上で、非常に安定性のあるレンタルサーバーです。

    期間限定2週間無料お試し!

    初期費用 月額費用 HDD容量
    1000円~5000円 119円~4500円 10GB~500GB
  • ロリポップ!|初期費用半額キャンペーン中

    lolipop

    ファンシーな見た目の割に、サービスが非常に充実していて分かりやすいサイトです。最大の魅力はコストです。他サーバーと比較するとお得と感じられるプランが多数揃えられています。この安価さから気軽にお小遣いで始められる上、利用マニュアルもあるので、初めてレンタルサーバーを使う人でも安心できます。あまり予算がない学生でも手軽に借りられる、低コストな料金設定もあります。ユーザーの様々な個性に応えて、独自性のあるホームページを作成できます。

    期間限定初期費用半額キャンペーン中

    初期費用 月額費用 HDD容量
    1500円 100円~600円 100GB~120GB
  • ヘテムル|WordPresss簡単インストール対応

    ヘテムル

    大容量のサーバーをお手頃価格で使いたいという方におすすめのサーバーです。バックアップと独自SSLをオプションで入れることで、さらに安心できるものになります。シンプルで使いやすい操作性も魅力の1つです。国内最大の容量と、超高速なバックボーンにリンクされているサーバーは、大容量メモリ・高品質なCPUも搭載しています。データベースサーバーはCMS利用時のDBの高速化を可能にし、ストレスや不快感を感じず、快適に利用できます。サービスの安全性も向上しているサーバーです。

    期間限定15日間無料お試しキャンペーン!

    初期費用 月額費用 HDD容量
    3950円 1500円 200.71GB
  • GMOクラウド | 次世代クラウドサービス

    gmoicloud

    レンタルサーバーの利用が初めてならば、このGMOクラウドです。利用料が変わらないままでディスク容量を3倍にアップというお得さもあります。ご利用シーンから自分にあったものを選べます。他サーバーに比べ、安定性に秀でているビジネスサーバーです。

    期間限定「初期費用全額キャッシュバックキャンペーン」

    初期費用 月額費用 HDD容量
    5000円 980円~ 100GB~
  • WADAX

    wadax

    お客様満足が脅威の99%という数字を誇る、安心のサポート体制があります。初期費用が無料になるキャンペーンも行われています。

    期間限定初期費用無料

    初期費用 月額費用 HDD容量
    3000円 1131円~ 20GB~
  • ファーストサーバ

    firstserver

    コストに見合ったスペックの高さが魅力的なサーバーです。他社レンタルサーバーと比べるとコストがかかるものの、本業に専念をしたいという方や、信頼のおけるビジネスサーバーが欲しいという方には最適なサーバーと言えます。ビジネスパートナーとして相応しいサーバーです。

    期間限定2週間無料お試し!

    初期費用 月額費用 HDD容量
    5000円〜 1800円〜 50GB〜
  • CORESERVER

    coreserver

    「低価格・拘束・高機能」のサーバーを提供しているのがCORESEVERです。PHP+MySQLの快適性に重点を置いているレンタルサーバーです。

    期間限定電話サポートが良く、通話中に即座に答えてくれるのも嬉しい。

    初期費用 月額費用 HDD容量
    500円〜5000円 400円~3990円 60GB~500GB
  • FC2レンタルサーバー

    fc2

    他社からのサーバー乗り換えにより、初期費用が半額になるサービスをしています。万が一、HDDが故障してしまっても、他のHDDが対応するので、障害に強いレンタルサーバーといえます。

    期間限定他社からの乗り換えの場合初期費用半額!

    初期費用 月額費用 HDD容量
    1500円〜7000円 1500円〜3500円 10〜30GB

レンタルサーバー徹底比較
共用レンタルサーバーで比較ポイント

共用レンタルサーバーを契約して利用するさいに、使用するレンタルサーバーに必要な機能・仕様(メールサーバー、HDD容量、DB数など)が備わっているかを確認するようにしましょう。共用サーバーの安いプランだと100円から使える場合などがあります。コストは非常に優秀ですが、いざ利用してみたらWordPressが使えない、メールサーバーがない、などと使いたい機能に制限のある場合があります。こうならないためにも、契約の前には利用料金だけでなく、サービス内容も忘れずにチェックしましょう。

ポイント1、機能と料金でコスパがいいものを選ぶ
レンタルサーバーで使える機能と、月額料金などのコストが見合っているレンタルサーバーを絵度鱒。HDDの容量、WordPressを使えるかどうか、DBを使える数などを比べれば分かりやすいかもしれません。

ポイント2、サーバーの稼働率、SLAがしっかりしているか
サーバーの稼働率は非常に重要なポイントになります。稼働率の低いレンタルサーバーを仕様していると、頻繁にメンテナンスが入り、サイトに繋がらなくなってしまいかねません。そこでSLA保証をしているレンタルサーバーがおすすめです。SLAは一定のサービスの品質を保証するサービスです。

ポイント3、サポートが充実しているレンタルサーバー
初心者にとって、サーバーをレンタルするだけでも最初は右も左も分からない未知の世界でしょう。サーバーによってコントロールパネルが分かりづらいものもありますし、各種の設定方法などもサーバー会社によって違っているので、その敷居も少々高めです。そこで、初心者にはサポートが充実しているレンタルサーバーを使うことが大切です。24時間365日、専門スタッフがいて電話の対応をしてくれるところが良いでしょう。

レンタルサーバー徹底比較
共用サーバーとは

共用サーバーは1台のサーバーを複数人で共同利用する仕組みとなっています。アパートをイメージすると分かりやすいかも知れません。この共用サーバーのメリットは2点あり、1つ目は安価で利用できること、もう1点が初心者でも使いやすいように設定が簡単にできるようになっている点が挙げられます。

レンタルサーバー徹底比較
共用サーバーの特徴

共用サーバーの最大の強みであり、特徴とも呼べるのはコストの低さです。共用サーバーの利用料が安い理由は1つのサーバーを複数ユーザーで使用するためです。利用者数が多いほどにサーバー1台分のコストが分割されて下がるのです。レンタルサーバーと一口に言っても何種類かありますが、やはり1番のおすすめは共用サーバーでしょう。

このページの先頭へ