レンタルサーバー徹底比較
専用サーバーランキング

レンタルサーバー(ホスティング)専用ランキングでは各レンタルサーバー会社の使用容量、料金、使いやすさ、サポート体制、プラン設定などに、企業規模や利用コスと、ユーザー数などの評価を加えたランキングとなっています。初期費用、月額料金とも、全て税抜き価格です。

レンタルサーバー徹底比較
専用レンタルサーバーランキング TOP4

  • さくらの専用サーバー

    sakura

    さくらの専用サーバーでは3種類の料金プランから自分に適したものを選択できます。その内容は初期費用が0円のプラン、最短納期10分のプラン、大容量ストレージioDrive追加して最大13台のものです。物理サーバーの性能と、クラウドの使いやすさを併せ持つ、複数台に対応可能な専用サーバーです。コストが気になる、用途に適した運用をしたい、ビジネスモデルに合致したものを利用したい、などと考えている方におすすめのサーバーです。また、他のレンタルサーバーと異なり、OSレベルから自分にぴったりのものを選んで利用できます。

    kikan2週間無料お試し!

    初期費用 月額費用 HDD容量
    0円〜 8800円〜 240GB〜
  • お名前.com専用レンタルサーバー

    お名前.comが専用レンタルサーバーを開始しました。お名前.com専用レンタルサーバーは、初期費用が無料となっております。500GBが使えるスタンダードプランは月額26,743円から。国内最大規模を誇るお名前.comなので安全です。初めての方でも24時間サポートをしているので、安心して始められます。

    注目初期費用無料

    初期費用 月額費用 HDD容量
    無料 32,000円〜 500GB〜
  • WADAX専用サーバー

    wadax

    GMOクラウドの専門エンジニアが、サーバーの運営を代行してくれるという強みを持っています。さらにユーザーのニーズに合わせたオプションも用意されている、14年間の提供実績に裏打ちされた、安心と信頼のビジネスサポートがあります。低価格のスタンダードプラン、高性能のハイエンドまで、多様なラインナップのプランがあります。サポートも24時間体制が敷かれているので困った時にすぐ相談をできるのも嬉しいポイントです。

    kikan初期費用無料

    初期費用 月額費用 HDD容量
    58000円〜 26758円~ 500GB〜
  • GMOクラウド専用サーバー

    gmo

    GMOクラウドの専門エンジニアがサーバー運営を代行してくれるのが最大の強み。さらにニーズに合わせたオプションも用意。14年間の提供実績で安心と信頼のビジネスサポート。低価格のスタンダード、高性能のハイエンドまで豊富なラインナップ。サポートも24時間体制なので、困ったときにすぐ相談できるのが嬉しい。

    kikan「30日間全額返金保証制度」

    初期費用 月額費用 HDD容量
    0円〜 8800円〜 500GB〜

総合ランキング共用サーバーランキング

専用サーバーランキングVPSサーバーランキング

レンタルサーバー徹底比較
専用サーバーとは

専用サーバーは複数のユーザーが同じサーバーをレンタルする共用サーバーと違い、サーバーを丸ごと借りて利用できます。サーバーをまるごと借りるため、アクセス数の多さで負荷が大きなサイトや、大量のデータベースを使うために容量が大きくなくてはならないサイトなど、小規模から大規模サイトまで幅広く使えるようになっています。共有サーバー、VPSサーバーに比べ、サーバー自体のパフォーマンスにもすぐれ、安定性もあります。サイトの設定の変更などもしやすいのですが、やはりそれだけコストは高めです。共有サーバーがアパート、VPSサーバーがマンション、専用サーバーを一軒家とイメージするとわかりやすいかも知れません。

レンタルサーバー徹底比較
専用サーバーを比較する

共有サーバーやVPSサーバーに比べると、専用サーバーはカスタマイズの幅が広く、自由に使えます。しかし自由に使えるだけあり運用には難があり、共有サーバーとは違った、各レンタルサーバー会社ごとのサービス内容を比較する必要があります。サーバーの速度や、稼働率、サポートなどを多角的に考慮し、その中で何が大切なのかをよく吟味した上で専用サーバーを選ぶ必要があります。

レンタルサーバー徹底比較
専用サーバーの3つの比較ポイント

ポイント1、サポートがしっかりしているか
専用サーバーは自由度が高く、共用サーバーとは違ったところでミスや不具合を起こしやすいデメリットがあります。あまり腕のない技術者がサーバーを不調にしてしまう可能性もあるので、サポートの充実したレンタルサーバーを利用するのがよいでしょう。その際、24時間365日のサポートをしてくれるところが良いでしょう。マネージドサービスを使うのも手段です。マネージドサービスは煩雑な監視作業や、セキュリティーアップデートまでレンタルサーバー会社で代行してくれるので、運用にかかるコストを抑えることができます。

ポイント2、運用するにあたって必要なスペックや仕様を満たしているか
専用サーバーを使う場合、サーバーに大きな負担をかけてしまうサイトや、アプリケーションを使用する場合があります。そのサービスを常に正常にユーザーに届けなければならないため、必須条件に合致したレンタルサーバーの機能(HDD容量や、メモリ、CPUなど)や、ネットワーク回線スピードが充分に足りるかどうかをチェックしなければなりません。最近のレンタルサーバーはメモリの追加に関しては簡単にできるところも多いようです。ネットワークについても、後から強化をすることができます。

ポイント3、サーバーコストや運用費用は見合っているか
専用サーバーの魅力は、その大容量による使い勝手ですが、その分だけコストもかかってしまいます。レンタルサーバーのコストが圧迫して利益が出なくなってしまうような本末転倒にしないために、どれくらいの費用がかかるかをチェックするのは重要なことです。また、レンタルサーバー会社によって基本仕様は安価なものの、追加オプションなどによって料金が膨れ上がってしまう場合もあります。

このページの先頭へ