レンタルサーバー徹底比較
総合ランキング

レンタルサーバー(ホスティング)総合ランキングでは、レンタルサーバーの初期費用、月額使用料金、利用できるHDD容量、サービス内容に加えて、企業の規模、利用者数などを比較しています。初期費用、月額費用は全て税抜きの価格としています。

レンタルサーバー徹底比較
総合ランキング TOP10

  • お名前.com|簡単で高機能なサーバー

    onamae1

    国内で最大級の運用実績を誇っているレンタルサーバーです。ホームページの公開や、アクセス解析、さらにセキュリティーの設定を利用者で行えるようになっています。24時間365日、有人でサーバーの監視をすることで品質を高く保っています。マルチドメインやDNSレコード編集、各種WEBアプリ、言語にもしっかり対応をしているので技術者も納得のできるサービス内容です。他社と比較しても総合的に使いやすいサーバーといえます。

    注目初期費用無料/月額最大2ヶ月分無料のキャンペーン

    初期費用 月額費用 HDD容量
    無料 900円 最大400GB
  • さくらインターネット|コスパで選ぶなら

    sakura

    プランを幅広く選べることが特徴的です。バックアップ機能にも信頼がおけます。サイトを作るのに悩んだら、さくらインターネットといえるでしょう。メールの問い合わせでも迅速にサポートをしてくれるので頼もしいサーバーです。ウイルスのチェック機能もデフォルトでついており、他社と比較した上で、非常に安定性のあるレンタルサーバーです。

    kikan2週間無料お試し!

    初期費用 月額費用 HDD容量
    1000円~5000円 119円~4500円 10GB~500GB
  • エックスサーバー|高速・高機能・高安定性

    Xserver

    「高速・高機能・安定性」が魅力的なレンタルサーバーです。コストパフォーマンスにもすぐれており、他社サーバーと比較をしてもバランスが取れています。できるだけ安価でスペックにもこだわりたい、という肩におすすめのサーバーです。

    kikanお試し無料キャンペーン

    初期費用 月額費用 HDD容量
    3000円 1000円~4800円 200GB~400GB
  • ロリポップ!|初期費用半額キャンペーン中

    lolipop

    ファンシーな見た目の割に、サービスが非常に充実していて分かりやすいサイトです。最大の魅力はコストです。他サーバーと比較するとお得と感じられるプランが多数揃えられています。この安価さから気軽にお小遣いで始められる上、利用マニュアルもあるので、初めてレンタルサーバーを使う人でも安心できます。あまり予算がない学生でも手軽に借りられる、低コストな料金設定もあります。ユーザーの様々な個性に応えて、独自性のあるホームページを作成できます。

    kikan初期費用半額キャンペーン中

    初期費用 月額費用 HDD容量
    1500円 100円~600円 100GB~120GB
  • GMOクラウド | 次世代クラウドサービス

    gmo

    レンタルサーバーの利用が初めてならば、このGMOクラウドです。利用料が変わらないままでディスク容量を3倍にアップというお得さもあります。ご利用シーンから自分にあったものを選べます。他サーバーに比べ、安定性に秀でているビジネスサーバーです。

    kikan「初期費用全額キャッシュバックキャンペーン」

    初期費用 月額費用 HDD容量
    5000円 980円~ 100GB~
  • ヘテムル|WordPresss簡単インストール対応

    heteml

    大容量のサーバーをお手頃価格で使いたいという方におすすめのサーバーです。バックアップと独自SSLをオプションで入れることで、さらに安心できるものになります。シンプルで使いやすい操作性も魅力の1つです。国内最大の容量と、超高速なバックボーンにリンクされているサーバーは、大容量メモリ・高品質なCPUも搭載しています。データベースサーバーはCMS利用時のDBの高速化を可能にし、ストレスや不快感を感じず、快適に利用できます。サービスの安全性も向上しているサーバーです。

    kikan15日間無料お試しキャンペーン!

    初期費用 月額費用 HDD容量
    3950円 1500円 200.71GB
  • FC2レンタルサーバー

    fc2

    他社からの乗り換えで初期費用半額になります。アダルトも使用できます。万が一HDDが故障しても他のHDDが対応できる障害に強いレンタルサーバー。

    kikan他社からの乗り換えの場合初期費用半額!

    初期費用 月額費用 HDD容量
    1500円〜7000円 1500円〜3500円 10〜30GB
  • WADAX

    wadax

    お客様満足が脅威の99%という数字を誇る、安心のサポート体制があります。初期費用が無料になるキャンペーンも行われています。

    kikan初期費用無料

    初期費用 月額費用 HDD容量
    3000円 1131円~ 20GB~
  • CORESERVER

    coreserver

    低価格・高速・高機能のサーバーを提供しているCORESERVER。PHP + MySQLの快適性を重視したレンタルサーバーサービスです。

    kikan電話サポートが良く、通話中に即座に答えてくれるのも嬉しい。

    初期費用 月額費用 HDD容量
    500円〜5000円 400円~3990円 60GB~500GB
  • ファーストサーバ

    firstserver

    お値段に見合った高い、スペックが魅力。他社のレンタルサーバーと比較した場合においてコストはかかりますが本業に専念したい方、信頼できるビジネスサーバーが欲しい方に最適なサーバーです。自分のビジネスパートナーになってくれます。

    kikan2週間無料お試し!

    初期費用 月額費用 HDD容量
    5000円〜 1800円〜 50GB〜

レンタルサーバー徹底比較
各サーバーの比較・違いについて|共用・専用・VPS

・共用サーバー
共用サーバーは1つのサーバーを分割することで、その一部分をレンタルとして使用できるものです。コストパフォーマンスにすぐれ、利用が容易である点でも初心者におすすめできます。

・専用サーバー
専用サーバーは共用サーバーとは違い、1つのサーバーを丸ごとレンタルして使用できます。この2つを比べると処理速度や回線速度が速いので快適な操作性でストレスを感じずに使えます。しかしその分、共用サーバーに比べてコストがかかり、玄人向けといえます。

・VPSサーバー
VPSサーバーは共用のサーバーですが、仮想的に専用サーバーのような性能が持たされています。専用サーバーに比べると処理能力の面で劣りますが、1つの物理サーバーを利用して、2つ以上の仮想サーバーを利用できる点が最大の魅力です。

この3つを比較した際に初心者におすすめするのは共用サーバーです。気軽に使えてコストの面でも負担が軽いためです。レンタルサーバーを初めて利用するのであれば、共用サーバーがもっとも無難といえます。この3つを比較した際に初心者におすすめするのは共用サーバーです。気軽に使えてコストの面でも負担が軽いためです。レンタルサーバーを初めて利用するのであれば、共用サーバーがもっとも無難といえます。

レンタルサーバー徹底比較
レンタルサーバーの選び方

《どのような基準で選べばいいか?》

レンタルサーバーを選ぶ上で最初に考えるべきは「何のためにレンタルサーバーを借りるのか」という点です。レンタルサーバーは無数にあり、そのサービスや価格も千差万別です。

たくさんあるレンタルサーバーの中から、無目的に1つを選ぼうとするのは至難のわざといえます。そのため、「何のためにレンタルサーバーを借りるのか」と目的を定めましょう。自分がやりたい、その用途に合わせてレンタルサーバーを絞り込めば、膨大な数の中から自分に適切なサービスや、価格を比較して、選びやすくなります。

レンタルサーバーを選ぶ上で最初に考えるべきは「何のためにレンタルサーバーを借りるのか」という点です。レンタルサーバーは無数にあり、そのサービスや価格も千差万別です。

たくさんあるレンタルサーバーの中から、無目的に1つを選ぼうとするのは至難のわざといえます。そのため、「何のためにレンタルサーバーを借りるのか」と目的を定めましょう。

自分がやりたい、その用途に合わせてレンタルサーバーを絞り込めば、膨大な数の中から自分に適切なサービスや、価格を比較して、選びやすくなります。

《比較的、簡単なホームページを作りたい場合》

趣味のために個人で運営をするホームページや、ごくごく簡単な内容を載せるための会社紹介ページを作りたい、という理由でレンタルサーバーを探しているのであれば、高度な機能を求めずに、安価な料金のサーバーで充分でしょう。

近頃は格安、低価格でありながら、一定以上の品質を保っている企業も多く、サーバーの安定性(トラブルがなく動くかどうか)も確かなところがあります。様々な機能・サービスがあるからという理由で、ムリをして高額なサーバーを借りる必要はないはずです。

趣味のために個人で運営をするホームページや、ごくごく簡単な内容を載せるための会社紹介ページを作りたい、という理由でレンタルサーバーを探しているのであれば、高度な機能を求めずに、安価な料金のサーバーで充分でしょう。近頃は格安、低価格でありながら、一定以上の品質を保っている企業も多く、サーバーの安定性(トラブルがなく動くかどうか)も確かなところがあります。

様々な機能・サービスがあるからという理由で、ムリをして高額なサーバーを借りる必要はないはずです。

《比較的、凝った・重いホームページを作りたい場合》

凝っているホームページ、重いホームページというものに明確な線引きはありません。しかし、何千もの画像を掲載したり、アクセスが日に数千回や数万回以上であったりする場合、簡単なホームページと同じサーバーを使用するというわけにいきません。

集中するアクセスにある程度耐えうる高性能なサーバーや、ディスク容量の多いサーバーを選択した方が、このような場合はベターです。コストの安価さに惹かれて共用サーバーを選択し、負担をかけすぎてしまうと最悪の場合はサーバーがダウンしてしまい、同じサーバーを利用している他のユーザーにも迷惑をかけてしまいます。

どのようなホームページを作るのかが、レンタルサーバーを選ぶ上でどれほどの影響を与えるか、少しでもご理解をいただけたでしょうか?凝っているホームページ、重いホームページというものに明確な線引きはありません。しかし、何千もの画像を掲載したり、アクセスが日に数千回や数万回以上であったりする場合、簡単なホームページと同じサーバーを使用するというわけにいきません。

集中するアクセスにある程度耐えうる高性能なサーバーや、ディスク容量の多いサーバーを選択した方が、このような場合はベターです。コストの安価さに惹かれて共用サーバーを選択し、負担をかけすぎてしまうと最悪の場合はサーバーがダウンしてしまい、同じサーバーを利用している他のユーザーにも迷惑をかけてしまいます。

どのようなホームページを作るのかが、レンタルサーバーを選ぶ上でどれほどの影響を与えるか、少しでもご理解をいただけたでしょうか?

《レンタルサーバーを選んでみましょう!》

チェック項目は全部で3つです。

  • (1)軽いホームページを運営するか、重いホームページを運営するか。
  • (2)どれほどの費用をかけられるか。
  • レンタルサーバーの月額料金はピンキリと言えます。月々数百円で済んでしまうところもあれば、数千円以上、1万円を超えるレンタルサーバーもあります。お金のムダを省くためにも、先に用途をはっきりさせておくことが肝要です。

  • (3)ホームページ以外に運営するものがあるか。
  • 商用利用をするのか、単にテストとして使うのか、ECサイト(ネットショップ)なのか、ウェブアプリケーションを稼働させるか。そういった、ホームページを作るだけでなく、他のサービスを追加したい場合はレンタルサーバーが一緒になっているサービスを選ぶのが良いでしょう。ECサイトを運営する上で便利な機能を付与したサービスなどもありますので、よくよく候補を見比べて検討しなければなりません。

このページの先頭へ