レンタルサーバー比較おすすめランキング
ご自身にあったレンタルサーバーを選ぶ上でのポイント

renntaru-server

レンタルサーバーと言ってもレンタルサーバーには、共用サーバーや専用サーバーにVPSなど種類があり、それぞれのレンタルサーバーごとに特色があります。
ここでは初めてサーバーと利用する方が、レンタルサーバーを選ぶ際のポイントを整理してお伝えしていこうと思います。

ポイント1 予算の確認

まずは費用面です。初めてレンタルサーバーを使用しホームページやブログの運営などをしようとお考えなら費用が安い共用サーバーがまず候補に挙がります。
また、法人向けポータルサイトや、大規模サイト作成となった場合には、法人向けの大容量のレンタルサーバーや、セキュリティがしっかりしているレンタルサーバーを選ぶ必要があります。
このようにご自身やお仕事等の使用用途を考えた上で、まずどれくらいの予算をサーバーのレンタルに費やすのかを考えていきます。

ポイント2 レンタルサーバーの使用目的

次に、上記でも少し触れましたが、レンタルサーバーの使用目的を考える必要があります。
簡単なホームページやブログ程度なら、ある程度の設定が既にできているレンタルサーバーを選ぶことをおすすめします。(共用レンタルサーバー内の価格が安いプラン等…)
そうではなくある程度ホームページなどの運営経験があり、細かな設定を行うなどサイトのデザインを独自に行おうとする場合には、独自の設定が可能なレンタルサーバーが候補に挙がります。(WordPressを使用できるレンタルサーバーのプラン等…)

ポイント3 レンタルサーバーの口コミをチェック

レンタルサーバー選びで参考になるのは実際に使用しているユーザーの口コミです。
口コミは実際に使用してみた使用者の感想もあるため、比較判断材料になります。
レンタルサーバーのコンパネ等が使いやすいのか安定性・サポートなど実際に使用したユーザーのほうが実体験なので自分の場合には合うかどうかの見極めができると思います。
また、口コミを見る時は、レンタルサーバーのメリットとデメリットが書いてあるサイト両方を見比べてみるのがいいと思います。口コミのなかには、サクラ記事やレンタルサーバーの誹謗中傷だったりということもあるので口コミは大量に見て、慎重に判断していきましょう。
レンタルサーバーの口コミはこちら>>

ポイント4 レンタルサーバーに問い合わせてみる

後重要なのはレンタルサーバーの運営状況やサポート対応です。
レンタルサーバーは、レンタルサーバー会社で開発・管理・運営している会社と開発・運営は別な会社があります。初心者の方には、国内でレンタルサーバーを開発・運営・管理を一括で管理しているレンタルサーバー会社をおすすめします。やはり、全て1会社でしているレンタルサーバーは、質問をしても正確な答えがすぐに返ってくるのと、海外レンタルサーバーは不安定な場合があります。なので初心者の方にはあまりおすすめできません。
また、電話サポートが一番レスが早いのですが、レンタルサーバーによっては30分〜1時間以上待つ場合もあります。困ったときにすぐ電話が繋がるレンタルサーバーだと安心して契約することができますよね。
サポート対応が充実したおすすめレンタルサーバーはこちら>>

今月一番オトクで
おすすめレンタルサーバーはこちら

このページの先頭へ