レンタルサーバー徹底比較ランキング

当サイトは数あるサーバーを実際に利用し、レンタルサーバーのおすすめ比較から2016年ランキングに至るまで、初めて検討している人や見直している人に有益な最新情報をお届けする比較サイトです。
「レンタルサーバーって何?結局どこがいいの?」といった疑問だけでなく「あなたのニーズにマッチしているのはこのレンタルサーバーです!」など、正しい知識やおすすめ情報をまとめ、いつ見てもユーザーにとって最適なレンタルサーバーを検討出来る比較サイトとなっております。

20160712
20160712_2
20160712_3
20160712_4
  • お名前.com|簡単で高機能なサーバー

    お名前レンタルサーバーお名前レンタルサーバーの総合得点

    使いやすさ」、「実績」で人気のレンタルサーバーがGMOの

    お名前.com共用サーバー」です。

     

    月額使用料もとても安くおすすめのサーバーです。高機能・低コストに加えて、サポート面に不安を抱えるユーザーでも安心して使いこなせます。
    独自のドメインを取得してホームページを開設できますし、WordPressをはじめとした、人気のアプリをほんの数分で容易にインストールすることができます。どなたでも簡単に設定ができるレンタルサーバーです。
    最近、高速モジュールに対応したためサイト表示スピードが改善しました。SEOに強い本物のレンタルサーバーです。

    注目初期費用無料/月額最大2ヶ月分無料/無料で1ドメインプレゼント

    初期費用 月額費用 HDD容量
    無料 900円最大2ヶ月無料 最大400GB
    運営者評価

    GMOインターネットが運営するお名前.comレンタルサーバーが1位96点と評価をした理由としては、安定性はもちろんのこと申し込みからサイトの運営までがワンストップで行えるというスマートさにあります。

    サイトをはじめて作る人にとって、「簡単にドメインとレンタルサーバーを取れる」というのはとても便利です。

    レンタルサーバーを借りるだけで、独自ドメインが1つついてくるのがお名前.comの優位な点です。

    独自ドメインやwordpressを簡単に入れられる点だけでなく、レンタルサーバーとして速度も早いのでSEOのためにこのサーバーを選ぶのもおすすめです。ブロガーの方には最高じゃないでしょうか。

    そのため、今回は総合点で1位と評価させていただきました。

  • エックスサーバー|高速・高機能・高安定性

    XserverXserverの総合特典

     

    高速・高機能・高安定性」が魅力的なレンタルサーバーです。コストパフォーマンスにもすぐれ、バランスの取れている面もポイントです。

    スペックにもこだわりたいけれど、値段も抑えたいという人におすすめしたいサーバーです。

     

    期間限定お試し無料キャンペーン

    初期費用 月額費用 HDD容量
    3000円 1000円~4800円 200GB~400GB
    運営者評価

    お名前.comレンタルサーバーに続き、2位に輝いたのがエックスサーバーになります。実は2015年度は3位に位置づけられており

    、2016年に私の中で2位になりました。スペックの高さは言うまでもありませんが、2015年の安定性を評価しました。

    月額の割には、MySQLの多さが素晴らしいのでデータベースの数に困る事はまずないと言えますね。

    SEOとして一つのサーバーでたくさんのサイトを運営する事はオススメしませんが、エックスサーバーは安定しているのでたくさんのサイトを1つのサーバーだけで運用しても止まることはなかなかないでしょう。(止まったというのを聞く機会は少ない印象)

  • さくらインターネット|コスパで選ぶなら

    さくらのレンタルサーバーさくらのレンタルサーバーの総合得点

     

    さくらのレンタルサーバーはサイトやブログの更新などをしたことがない未経験者でも、安心して利用できます。

    マルチドメインにも対応しているので、複数サイトを運用することも可能になっています。さらには他社で取得したドメインの移行もとても簡単になっています。

     

    期間限定2週間無料お試し!

    初期費用 月額費用 HDD容量
    1000円~5000円 119円~4500円 10GB~500GB
    運営者評価

    3位に位置づけたのがさくらインターネットのサーバーです。さくらは老舗ですが、サイトの設定などが少しやっかいです。

    例えば、サイトを立ち上げる際にwordpressが簡単に入りません。容量も多くないので、2つや3つサイトを立ち上げると止まったり遅くなるケースがあります。

    また独自ドメインの設定もしないと、2つのURLから同じサイトに飛べたりして困る、、、なんて事も。

    安定性やスピードは問題ないのですが今回は、3位とさせていただきました!

  • ロリポップ!|初期費用半額キャンペーン中

    ロリポップレンタルサーバー

    ロリポップサーバーの特徴は「快適さ」と「セーフティー(安全性)」のため、初心者にも安心して使うことができる点です。ユーザーが快適に利用できる、充実したサポート体制があるので誰でも安心してご利用いただけます。

    期間限定初期費用半額キャンペーン中

    初期費用 月額費用 HDD容量
    1500円 100円~600円 100GB~120GB
    運営者評価

    低価格だけど少しサービスが物足りないと思います。電話のサポートがスタンダードプランからというのもどうかなと思います。

    あと、少し大きめのサイトを作ろうと思ったらロリポップでは転送スピードがいまいちなので追いつかないです。

    ただ、やはりこの低価格は魅力的です。初心者にとってネックになるのが月額料金ですので、4位にさせていただきました!この安さで速度も容量も完璧だったら文句のつけようないんですがね。

  • GMOクラウド | 次世代クラウドサービス

    GMOクラウド

    GMOクラウドは安定性に秀でているサーバーになっています。業界最高・最大とも言われるディスク容量も魅力的です。

    期間限定初期費用全額キャッシュバックキャンペーン

    初期費用 月額費用 HDD容量
    5000円 980円~ 100GB~
    運営者評価

    GMOクラウド、人によってはあまり聞き馴染みの無いサービスかもしれません。これもGMOグループのサービスで、初期費用キャッシュバックもやっていたり結構攻めているレンタルサーバーだと思います。これからに期待したいレンタルサーバーです。

  • ヘテムル|WordPresss簡単インストール対応

    ヘテムル

    ヘテムルの強みは何といっても「利便性」と「安心のサポート体制」にあります。さらにヘテムルレンタルサーバーでたくさんのユーザーに好評を得ているのがコントロールパネルです。感覚的に操作ができるため、レンタルサーバーを使うのが初めてという不安があっても、とても容易に使えます。

    期間限定15日間無料お試しキャンペーン!

    初期費用 月額費用 HDD容量
    3950円 1500円 200.71GB
  • FC2レンタルサーバー

    fc2レンタルサーバー

    他社からの乗り換えをすると、初期費用が半額になります。アダルトの使用も可能です。もしもHDDが故障してしまっても、他のHDDで対応できてしまう、障害に強いレンタルサーバーです。

    期間限定他社からの乗り換えの場合初期費用半額!

    初期費用 月額費用 HDD容量
    1500円〜7000円 1500円〜3500円 10〜30GB
  • WADAX

    wadax

    お客様満足度99%を誇る実績でユーザーのサポートをします。初期費用が無料になるキャンペーンも行われています。

    期間限定初期費用無料

    初期費用 月額費用 HDD容量
    3000円 1131円~ 20GB~
  • CORESERVER

    coreserver

    「低価格・高速・高機能」のサーバーを提供するのがCORESEVERです。PHP+MySQLの快適性を重視しているレンタルサーバーサービスです。

    期間限定電話サポートが良く、通話中に即座に答えてくれるのも嬉しい。

    初期費用 月額費用 HDD容量
    500円〜5000円 400円~3990円 60GB~500GB
  • ファーストサーバ

    firstserver

    ビジネス向けに特化しており、導入実績は45,000社と、その安定性が評価されています。さらにサポート体制も一通りあって980円という利用料は安価でしょう。

    期間限定2週間無料お試し!

    初期費用 月額費用 HDD容量
    5000円〜 1800円〜 50GB〜

レンタルサーバー徹底比較
レンタルサーバーの強み

レンタルサーバーサービスのメリットは、複数の運用スタッフによって管理・保守・セキュリティー対策が行われているので、利用者の負担が最小限に抑えられるという点です。

自社でサーバーを用意する場合は、購入後にサーバー運用ができるだけの整備がある施設を用意の上、自社サーバーを預けるハウジングと呼ばれる運用方法があります。しかしこちらの場合でも、サーバーに障害が起きた場合には専門スタッフを施設に派遣する必要があり、多くの一般企業にとってコストの面で現実的とは言えません。

こうした問題を簡単に解決できるのがレンタルサーバーやホスティングサーバーです。しかし、レンタルサーバーサービスは多くの企業から展開されていて、その仕様や価格もそれぞれで千差万別と言えます。

そこで当サイトは各社レンタルサーバーの一覧や、人気があるレンタルサーバーを紹介し、利用者様にマッチしたレンタルサーバー探しの一助になればと思います。

レンタルサーバーを借りる上での注意点

レンタルサーバーを借りる人にとって気になるのは、価格ですが実際に格安のレンタルサーバーを借りた経験からお伝えすると、正直その基準だけではおすすめできません。
価格が安いという事は、その分質のいいサービスを受けられなかったり、wordpressなどの皆がほしがるCMSの簡単ダウンロード機能がない場合が多いです。
また、実際に運用していく中で速度が遅くサイトの更新がなかなか出来なかったり、アクセスが集中するとサイトが落ちてしまうというケースをよく聞きます。

皆さんは、サイトを見た時に表示まで遅くてイライラしたり、エラー表示で見られなくなって困った事はありませんか?
そのような場合、実は大半がレンタルサーバーの影響によるものなのです。

レンタルサーバーの選び方によって、作るサイトが検索エンジンにどのように評価されるかも変ってきます。
つまり、世間で多く言われているSEO対策にレンタルサーバーも大きく影響してきます。
検索エンジンがサイトを評価する際の対象として、サイト表示の速度がかなり大きなウエイトを占めておりそのために安定したレンタルサーバーを選択する事が大切です。

金額だけでなく、実際に使用した人の口コミや個人向け・法人向け、専用やVPSなどいろいろなレンタルサーバーがありますので当サイトのランキングを活かして取り組んで見てください。

レンタルサーバーの種類

レンタルサーバーは、いろいろな種類があり用途によって使用するサービスを選んでい必要があります。

まずは、一般的に使われる「共用サーバー」と呼ばれるものです。共用サーバーは、レンタルサーバーの中でもかなり安価で利用する事ができます。

専用サーバーは、ユーザー1人ずつにサーバーが1つしっかり設けられたものになります。共用サーバーに比べて、自由度がかなり高いため実際にサイトをより自由にクリエイティブに作成したい人にとってはおすすめのレンタルサーバーになります。

ほかには、VPSサーバーやクラウドサーバーがあります。VPSレンタルサーバーは、専用サーバーと共用サーバーの機能を併せ持ったサーバーで難易度は少しあがります。
また共用サーバーのような形のため専用サーバーより少し安定しないといったデメリットもあります。

クラウドサーバーは、クラウド専門のためクラウド環境に慣れていない人にとっては難易度がかなり高いものになっています。メリットとしては、レンタルサーバー自体のリソースをかなり使えるのでサイトを柔軟に変更したりできます。

自分にあったレンタルサーバーを選ぶために気をつけたい事

レンタルサーバーを選ぶ際に気をつけたほうが良い所は、「自分の作りたいサイトがどの規模のサイトなのか」「サイトはどんなコンテンツで構成されるのか」「レンタルサーバーの評判や口コミをチェックする」「サイトをCMSで設計するかどうか」です。

サイトが大規模になればなるほど、容量は多めに準備して置かなければいけません。また、どんなCMSで作成するかによっても最適なレンタルサーバーというのは変ってきます。例えば、Wordpressでサイトを作成する場合は、お名前.comレンタルサーバーエックスサーバーが合っています。
または、レンタルサーバーは実際に利用している口コミや評判をチェックするのがなにより大切です。

当サイトでは、実際にレンタルサーバーを利用して実施・検証を行い、おすすめのレンタルサーバーをまとめていますので
ぜひランキングを参考にしていただき、あなたにあったレンタルサーバーを申し込んでみてください!

いいレンタルサーバーを選ぶコツ

レンタルサーバー選びはかなり慎重に色々レンタルサーバー会社を比較して選ぶことをおすすめします。価格のみで安易に選んでしまうと、後々「WordPressなどCMSが使用できない」「サポート電話がなくメールをしても返事が遅い」「サイトの表示が遅くて更新する度イライラする」などかなり後悔します。

後悔した後にレンタルサーバーを移動したいと思ってもレンタルサーバーの引っ越しは色々手続きや出費などあり、かなり億劫なのでできるだけいいレンタルサーバーを最初に選びましょう。

いいレンタルサーバーを選ぶコツとしては、
1 使いたい機能が使用できるか(WordPressなどCMSのチェック)
2 価格は他と比べて中間層か(月額1,000円前後)
3 サポートはメール以外に電話サポートがあるか
4 サイトが見やすく、FQAがたくさん掲載されているか
5 常に障害が発生していないかの確認

の5つを確認しましょう。

使いたい機能が使用できるか

レンタルサーバーは安いものですと100円〜使用できるものがありますが、そういうレンタルサーバーはメール機能や、CMS、セキュリティー設定など機能制限があります。

他にもレンタルサーバーのプランによっては、使えないこともありますのでプランによっての差も確認しましょう。(例:ロリポップのエコノミータイプはWordPressをインストールできません)

価格は他と比べて中間層か

会社によって月額費用や初期費用など異なります。初めてのレンタルサーバーでおすすめできる値段は月額1,000円前後のレンタルサーバーです。(例:お名前.comレンタルサーバー、エックスサーバー)

安すぎる場合は機能制限やサポートがなかったり、コントロールパネルがかなり見辛い…などの弊害があります。また1,000円を超えると機能が多彩すぎて持て余すことが多いと思います。(実際そうなりました…)

電話サポートがあるか

各会社によって仕様やワードがかなり異なります。なので、メールを送ってもその用語やそのボタンがどこにあるのか分からなかったり、説明し辛い場合があります。最初はメールサポートがあるから電話サポートがあるからいいかと思いましたが、電話のほうがすぐにレスポンスがかえってくるためかなり楽でした…。

サイトが見やすくQ&Aがたくさん掲載されているか

サイトが見やすい会社は、常にユーザーのことを意識しているので安心できるポイントです。サイトが見辛いとコントロールパネルなども見辛いのでは?と不安になります。コントロールパネルは、ドメインの設定や、CMSのインストールなど初期に使用するため見辛いコントロールパネルですと、最悪サポートにすぐに問い合わせることなります。

またサイト内でレンタルサーバーに関するQ&Aが検索できて、内容も詳しく書いてあるとサポートに連絡しなくても、自分で解決ができるので問い合わせる手間が省けます。

常に障害が起きてないかの確認

レンタルサーバーを借りてから気づくことが多いのですが、障害が多いレンタルサーバーはかなりサイトの速度や表示が不安定になることが多いです…。障害が起きるとサイトが真っ白になります。

障害については、サイト内に書いてありますが、分かりづらいため、検索で 「 レンタルサーバー会社名_障害情報 」 と検索すると検索上位にあると思います。

レンタルサーバーは多種多様あり、比較し辛いと思いますが、色々レンタルサーバーを借りてきた経験と口コミを元に比較ランキングを作りましたので、参考にしていだき後悔がないレンタルサーバーを申し込んでください。

このページの先頭へ